【管理栄養士が教える!】妊活サプリメントの選び方!

妊活サプリ

管理栄養士が教える妊活サプリメントの選び方

妊活サプリメントってどのようにして選んだらいいのか分からないという方は是非!

現在の忙しい日本の女性は手軽に摂取することができる栄養素としてサプリメントを摂取している女性が非常に多くいます。 サプリメントは今では、専門の店舗だけではなく、コンビニエンスストアでも購入することができるようになってきました。 そんな身近な存在になったサプリメント。 妊活中の女性でもその人気は非常に高くなっています。 さて、妊活中の女性の皆さん、健康を意識してサプリメントを飲んでいる皆さんはサプリメントって、どうして飲んでいるのですか? 妊活中の女性は「健康な赤ちゃんを産みたいから。」「妊娠をしたいから。」「赤ちゃんが健やかに育って欲しいから。」 健康を意識してサプリメントを飲んでいる方は「健康のために。」「美容のために。」「体質改善のために。」 などなど、飲んでいる理由は様々でしょう。 でも、サプリメントを飲んでいる方の意見を聞くと「知り合いに良いって勧められたから飲んでいる。」という方や「飲んでいるけど、本当に効果があるのか分からない?」なんて方もいます。 なんとなく、飲んだ方が良いようだからなんとなく飲んでいるなんて感覚の方が多いように思います。 さて、せっかくサプリメントを飲むのなら、なんとなくではなく、しっかりと効果を実感して飲んだ方が良いに決まっています。そのためにはサプリメントの飲み方や選び方のポイント、成分について知ってもらう必要があります。 サプリメントを飲んでいる方は是非ご覧になって下さい。

スポンサーリンク

サプリメントで栄養を摂取するということ

サプリメントの基本的な考え方は、「サプリメントはあくまで栄養の補助」ということです。
サプリメントは日々の食事では摂取しきれない栄養素を補うためのものです。
1日に必要な栄養素が3食の食事からきちんと摂取できるのであれば、サプリメントは飲むべきではありません。
ですから、食事で足りない栄養素がある場合には、サプリメントを飲むのではなく、まずは日々の食事を改善して不足している栄養素が補えるようにする事から始めるのが重要なのです。
でも意外に自分になんの栄養が足りていないかなんてことを分かっているなんて方は少ないのが現実です。
まずは、自分に足りていない栄養がなんなのか?取りすぎている栄養はあるのか?「栄養の過不足を知る」ことが重要になります。
なんの栄養が足りていないのかを簡単に判断する方法は、食事の記録をつけることです。
あまり、詳細になんの栄養素が足りないなんてするには、栄養士なみの専門知識がないといけませんので、少し簡単に考えましょう。
例えば、今日は朝からずっと肉のおかずで野菜と魚をほとんど食べていないなんて場合には、野菜と魚から摂取できる栄養素が不足しています。
また、1日炭水化物ばかりだった場合には食物繊維が不足します。
このような記録をつけると自分がどのような栄養素が不足しているのかが分かってくるはずです。
このように自分になんの栄養素が不足しているのかによって選ぶサプリメントが変わってくるのです。
サプリメントは副作用がないものが多く、手軽に摂取することができるので、日々持ち歩くなんてこともできます。
そのような手軽さもサプリメントの人気の理由の一つなんでしょうね。

どうしてサプリメントを飲むのか決める!

どうしてサプリメントを飲むのですか?
当然、サプリメントを飲んでいる方は、サプリメントを飲んでいる目的があることだと思います。
でもそのサプリメントを飲む理油が「知り合いに勧められたから。」とか「なんとなくビタミン剤を飲んでいる。」なんて場合には、少し考え方を変えましょう。
そんな理由では、サプリメントを飲んでいても、自分が思っているような効果を得ることは難しいかもしれません。
サプリメントを飲む理由はもっと、具体的な理由が必要なのです。
例えば、健康的な面でサプリメントを飲むのなら・・・

  • 貧血を改善したい
  • 冷え性を改善したい
  • ホルモンバランスを改善したい

などの理由。
もし、妊活中の女性、妊活を始めようと思っている女性がサプリメントを飲むのであれば・・・

  • 生まれてくる赤ちゃんの奇形のリスクを少なくするため
  • 卵子の質を向上させるため
  • 子宮内膜の厚さを保つため

など、自分がどうなりたいか、自分が何を改善したいかによって飲むサプリメントの成分を決めることが重要なのです。
自分に足りない成分、栄養素を見つけて、目的を持って必要な分を必要な量だけ摂取するということが重要なんです。

サプリメントの摂取量は必ず守る

サプリメントを飲む時の注意点は「サプリメントの摂取量は必ず守る!」ということです。
足りないから、たくさん飲んでおくというものではありません。
飲みすぎるとかえって悪影響になるものさえあります。
例えは、ビタミンはたくさんとりましょうなんて言われていますが、摂取しすぎるのは危険です。
健康、妊活のために「ビタミンA」を摂取しても、過剰に摂取すると胎児の奇形のリスクとなる可能性があります。
サプリメントを飲む際には、記載してある摂取量は鹿kリト守って、かつ一定期間飲み続けるようにして下さい。
継続して飲むことでその効果が出ます。

サプリメントだけに頼らない!

しつこいようですが、サプリメントはあくまで栄養の補助を目的としています。
サプリメントだけに頼るようなことはしないようにして下さい。
また、サプリメントを飲む際には、適度な運動を行うようにして下さい。
サプリメントの効果を効果的なものにするには、「代謝の向上」が必要です。
サプリメントは基本は飲んでいるだけでは効果が現れにくいものです。
適度な運動、良質な睡眠があって初めてその効果を実感することができるのです。
食事、運動、睡眠のバランスを整えて、生活習慣を整えるようにすればサプリメントの効果は最大限に引き出せるようになるのです。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活サプリ
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました