妊娠中、産後のトラブルを解消する栄養素ってなに?

妊活の身体作り

妊娠中、産後のトラブルに備えて妊活中から摂取する栄養素 妊娠中や産後は女性の身体は様々なトラブルが発症する可能性が高い!そんなトラブルを解消する栄養素は? 妊娠中や産後は女性の身体が非常に変化する時期になります。その時期は女性の身体は非常に様々なトラブルに見舞われる事があります。しかも、実際に非常に辛い症状が発症しても、症状が出てからでは、どうにもする事ができません。 とにかく我慢するしかないのです。 でも、妊娠前の妊活中から、しっかりと準備をして、必要な栄養素を摂取していれば、そんな辛い症状も軽く済みます。妊活中の女性は、妊娠後、産後の為に、しっかりと栄養素を摂取して準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の辛い症状を軽くしたい

妊娠中の辛い症状を緩和するなら【ビタミンB6】がポイント

妊娠中の辛いつわりの症状を改善したいなら、ビタミンB6が重要になります。 妊娠中の辛いつわりの症状、特に妊娠2ヶ月から4ヶ月から始は非常に辛い症状が発症します。 そして、このつわりの原因は、「ビタミンB6不足」が原因とも言われています。 このつわりの症状を軽減するのに必要なのが、「ビタミンB6」なのですが、つわりの症状が発症してから摂取をしてもつわりの症状を軽減する事は、間に合わないのです。 多くの場合には、つわりの最中はサプリですら受け付けなくなっている事が多いからなのです。 ですから、妊娠前の妊活中からビタミンB6を十分に摂取をする事が妊娠中のつわりの症状を軽減させる効果的な方法になるのです。

妊娠中の貧血の症状を緩和するには【鉄分】がポイント

妊娠中の辛い症状の代表として、「貧血」の症状があります。 妊娠中には、胎児に血液を分け与えますので、母体の血液の量も増加しないといけないのですが、実際には血液の量が増加しても、血中の成分が増加しないで、水分のみが増加して、血液が薄まってしまうケースが多くのあります。 このように、血液が薄くな流という症状になると、血中の鉄分の量も少なくなりますので、貧血の症状が発症してしまうのです。 妊娠中の貧血を予防するには、妊娠前の妊活中からしっかりと鉄分を摂取をしておく事が重要なのです。 特に、鉄分は、胎児に酸素を届けるという非常に大切な役割を持っています。赤ちゃんのためにも、妊活中の早い段階からしっかりと鉄分を摂取しておく事をオススメします。

その他の妊娠中の辛い症状を改善するには?

妊娠中には、「つわり」や「貧血」の他にも、様々な辛い症状があります。 妊娠中には、足のつりやけいれんなどが発症しやすくなります。 このような症状は「カルシウム不足」が原因となります。 また、妊娠中の全身のむくみ、このむくみは妊娠中期から妊娠後期にかけて発症しやすくなりますが、この「むくみ」はタンパク質不足が原因となって発症するのです。 妊娠中にこのような辛い症状を発症しないように、妊娠前の妊活中からしっかりと「カルシウム」や「タンパク質」を摂取するようにしましょう。

産後の辛い症状を軽くしたい

産後の鬱の症状を緩和するポイント

産後の鬱の症状に悩んでいる女性は実は非常に多くいます。 産後に、特に理由もなく「イライラ」したり、気が滅入ったり、訳もなく涙が出たり・・・このような症状が発症した場合には、産後はうつの症状特に言えます。 この、産後うつの症状は、出産が原因となって女性はホルモンのバランスが大きく変化する事が原因ともなって発症するのです。 ホルモンバランスの急激な変化に視床下部が対応できないで、自律神経のバランスが崩れてしまう事で発症するのです。 自立神経がバランスを崩した場合には、副腎から「副腎皮質ホルモン」が分泌されて対応をするようになるのですが、出産によって、母体の体内のエネルギーが枯渇している状態では、副腎皮質ホルモンを生成するのに必要なコレステロールやビタミンCが不足してしまって、分泌ができないのです。 また、もう一つの産後うつの原因として「鉄分を不足」があります。 妊娠後期には多くの女性が鉄分を不足が原因となって貧血になっている女性も多くの、また出産や産後の悪露によって、血液が体外に排出されてしまっていますので、慢性的な鉄分を不足の状態になっているのです。

鉄分を不足が産後うつの原因となる

産後の女性は鉄分を不足が原因となって、貧血の症状になっている方が非常に多くいます。 そして、その鉄分を不足は産後うつの原因となるのです。

産後うつの症状を発症させるその他の栄養素の不足

鉄分不足の他にも、「アミノ酸」「ビタミンB群」「コレステロール」などが不足している事がも産後うつの原因ともなるのです。 これらの栄養素が不足すると、精神を安定させるために必要な脳内ホルモンや神経伝達物質の材料が不足してしまい、産後うつの原因となるのです。 産後うつの症状を予防するためにも、「アミノ酸」「ビタミンB群」「コレステロール」「鉄分」をしっかりと摂取する事が重要になるのです。

産後の「シミ」や「小じわ」「たるみ」を防止したい

産後は、シミができやすくなったり、小じわやたるみが増えると言われています。 産後のシミは、活性酸素が原因となっています。 出産によって体にストレスがかかって、体内で多くの活性酸素が発生してしまい、その結果シミができやすくなってしまうのです。 このシミの発生を予防するには、活性酸素を除去する「抗酸化酵素」が必要になるのです。 活性酵素の原料は「鉄」や「亜鉛」になりますので、妊活中のから積極的に摂取するようにしましょう。 また、産後には「小じわ」や「たるみ」が気になるという女性が非常に多くいます。 この小じわやたるみの原因は、コラーゲン不足です!

コラーゲンは、タンパク質、鉄分、ビタミンCを材料に作られますので、妊娠中から出産の段階で、しっかりと摂取するするようにしましょう。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活の身体作り
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました