妊活中にダイエットをするなら、この栄養素が重要です!

妊活の食事

妊活中にダイエットをしている女性にはこの栄養素がオススメ

妊活中にダイエットをしたいという女性は非常にお多くいます。そんな女性のために必要な栄養素とは?

妊活中でも女性のはダイエットをしたいものです。でも、「妊活中だからダイエットしても大丈夫なの?」「妊活中のダイエットってどんなことに気をつければいいの?」ということが心配になりますよね?そこで、ここでは、妊活中のダイエットの際に、重要な栄養素をご紹介します。

妊活中でもダイエットをしたい!妊活中だけどダイエットをしているという女性は是非ご覧になってください。

スポンサーリンク

妊活中のダイエットの時に重要な栄養素はこれ!

さて、妊活中のダイエットの時に必要な栄養素は【タンパク質と炭水化物】がポイントです。

妊活中にダイエットをしていくという場合には、実は非常に注意が必要なのです。 妊活中にダイエットをすると、ダイエットによって栄養不足の状態になってしまうのです。
体が栄養不足の状態になっていると、当然妊活に悪影響となります。妊活中の女性にとっては非常に好ましくない状態にということになりますので、注意しましょう。
妊活中のダイエットでの注意点は、「炭水化物を控え目にして、しっかりとタンパク質を摂取する」とうことが重要なポイントとなります。
つまり、脂肪を減少させて、筋肉を増加させるようにするのがポイントなのです。

太っていても、栄養素が不足していることもある!

実は太っている方も、栄養素が不足していることがあるのです。

太ってしまう原因は、炭水化物と糖質!

太っている方には、脂肪がついているのですが、脂肪ってなんで体についてしまうのでしょうか?
体に脂肪がついてしまう原因とは「糖質の過剰摂取」が原因になっているのです。
糖質の過剰摂取は次のような方は注意が必要になります。

  • 甘いものが好きでついて食べ過ぎてしまう女性
  • 炭水化物が好きでつい食べ過ぎてしまう女性

このようなことが原因になっているケースが非常に多くあります。

糖質が血中の中に摂取されると、使用されない糖質は、中性脂肪となって体内に蓄えられます。 人間の体は、生命を維持したり、活動をしたりする際には、エネルギーを作り出すために代謝を行う際には、糖質から脂肪の順に消費していきます。
ですので、糖質が体内にたくさん蓄えられていると、いつまでも脂肪の燃焼がされないで、痩せることができない状態になってしまうのです。

ダイエットには、食生活の改善が効果的

ダイエットには食生活の改善をすることが効果的なです。
さて、糖質の過剰摂取は多くの場合には、「甘いものの食べ過ぎ」や「炭水化物の過剰摂取」の2点が原因となっています。
ですので、食生活の改善で次のような点を注意することによって改善をすることができるようになるのです。
さて、改善のポイントとなる点は、次のような点があります。

  • 食後のスイーツや間食を控える
  • ジャンクフードやファストフードを控える
  • パスタや白米、パンなどの炭水化物を控える

このような点を改善をすることが効果的です。

妊活中の女性には炭水化物が効果的!

妊活中の女性は、たとえダイエット中でもタンパク質はしっかりと摂取するようにしましょう。

妊活中の力を落とす、間違ったダイエット

妊活中の女性のダイエットで注意をしてもらいたいポイントは、ただ体重を落とせばいいということではないということです。
体重を落とすだけのダイエットは、タンパク質の摂取をひかえて、筋肉の量を減少させれば、簡単に体重は落ちます。 しかしそれでは、妊娠力を落としてしまう結果となるのです。

妊娠力を向上させるには、筋肉をつけることが有効

妊活中の女性のダイエットは筋肉をつけることも重要なのです。
筋肉は、代謝を促して熱を作るには体の重要な部分です。しかし、ダイエットで筋肉が減少して代謝が落ちたらどうなってしまうのでしょうか?
代謝が落ちるので、当然、太りやすい体質になります。代謝が落ちているのですが、熱が作られにくくなっていますので、ひえを助長することにもなりますね。冷え性の症状によって血流が悪くなると、妊娠力にも悪影響を与えてしまいます。
また、卵巣や子宮の環境も血流が悪化することによって悪化してしまいますので、妊活中の女性にとっては悪影響でしかありません。

食べ方の工夫でもダイエットに影響があります

ダイエットをしている妊活中の女性は食べ方の工夫もオススメです。

食べる順番でもダイエットができる

実は、食べ方のを工夫もするだけでも、ダイエットができるようになるのです。
太ってしまう原因は、「炭水化物が消化されてできた糖質が吸収されることによって太る」のです。
ですので、炭水化物が吸収されにくい食べ方をすれば、ダイエットができるのです。
炭水化物が吸収されにくい食べ方とは、食物繊維を先に食べるということです。食物繊維を炭水化物よりも先に摂取をすることで、糖質の吸収を抑えられる効果があります。 また、肉や卵などのタンパク質を先に食べると、満腹感も得られるので、非常にオススメです。

食後のウォーキングが効果的

ダイエットには、食後のウォーキングが非常に効果的です。
炭水化物を食べると、血中の血糖値が上昇します。そのような状態になると、体内ではインスリンが分泌され、細胞内に糖質を蓄えるように指示を出します。
このタイミングで運動をすることで、糖質を体内に蓄える働きを抑える効果が期待できます。
ウォーキングは食後の30分以内に行った方がよりも効果的です。

妊活中の女性にオススメのサプリメントはコチラ

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活の食事
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました