妊活中に赤ちゃんのために摂取する栄養素とは?

妊活サプリ

赤ちゃんのために、妊娠前から摂りたい栄養素

妊活中の女性が赤ちゃんのために摂取したい栄養素とは?

妊活中の女性にゴールは妊娠ではありません!元気に赤ちゃんを産む事です! 妊活中の女性は妊娠する事を目標にして日々、妊活に励んでいます。 当然妊活中の女性ですから、妊娠する事を目標としているのは当然の事なんです。 でも、決して妊娠がゴールではありません! 妊活中の女性にとっての、第一のゴールとは、無事に出産をする事を何です。 この事を決して忘れないようにしましょう。 ですので当然、元気な赤ちゃんを産むためにも必要な栄養素を妊娠前の段階、つまり妊活中から摂取する事が重要なんです。 ここでは、赤ちゃんのために妊娠前の段階から摂取したい栄養素をご紹介します。 妊活中の女性は是非ご覧になって下さい。

スポンサーリンク

元気な赤ちゃんのために、妊活中のから摂取したい栄養素

さて、妊活中の女性は、妊活中という事もあり、どうしても妊娠する事をゴールと考えてしまいがちです。でも、妊活中の女性にとってのゴールって妊娠する事なんでしょうか?
違いますよね?妊娠して、元気な赤ちゃんを出産をする事ですよね? 元気な赤ちゃんを出産をするためには、妊娠前の妊活中の段階から、必要な栄養素を摂取十分に摂取する事が重要です。 どのような栄養素が必要になるのかを、ご紹介します。

胎児の体の形成に欠かす事ができない栄養素とは?

胎児の体の元となる【タンパク質】

さて、胎児の体を作る主成分と言えば、「タンパク質」ですよね。 人間の体はタンパク質でできていると言っても過言ではありません。 そのくらいタンパク質が重要です何ですが、それは胎児にとっても同じ事です。
胎児の体を作っている主成分はタンパク質です。このタンパク質が不足すると、胎児の発達にも影響が出るのです。

胎児の骨を形成する【カルシウム】

胎児の体を作るのがたタンパク質ですが、胎児の骨や歯を作るのは「カルシウム」なんです。
胎児が骨や歯を作るカルシウムは、母体のカルシウムを使用しています。母親の体内に蓄積されたカルシウムが使われるので、妊娠してから、カルシウムを摂取しても間に合いません。カルシウムは妊娠前の段階、つまり妊活中の時期からしっかりと摂取する事が本当に大切な事なんです。
もし、カルシウムが不足していると、胎児の骨や歯の発育に影響があるほか、母体の骨粗鬆症の原因ともなりますので、注意が必要なのです。

胎児の発育を助ける栄養素とは?

亜鉛は赤ちゃんの脳の発育を助ける重要な栄養素

妊活中の女性、妊娠中の女性には亜鉛が必要になんて事を聞きますが、亜鉛は胎児の脳の発育に非常に影響を与えるのです。
受精卵は細胞分裂を行いながら赤ちゃんの体を作っていきます。その赤ちゃんの体を作るための細胞分裂に必要な栄養素が亜鉛なのです。
亜鉛が不足すると、胎児の発育が悪くなり、「低体重」や「低身長」の原因となるのです。また、亜鉛不足によって皮膚が弱くなってしまうリスクもあります。皮膚が弱くなると、胎児の免疫機能がしっかりと機能しなくなるケースもありますので、亜鉛は非常に重要な栄養素になるのです。

胎児の感染症の予防にはビタミンAが重要

胎児の感染症のリスクを減少させたいならビタミンAが重要です。
ビタミンAは子宮内膜の材料となりますが、赤ちゃんの粘膜を形成するとという非常に重要な役割も持っています。ビタミンAが不足すると、赤ちゃんの粘膜が弱くなってしまい感染症にかかりやすくなるのです。

赤ちゃんが無事に生まれてくるために必要な葉酸

葉酸は赤ちゃんが無事に生まれてくるために非常に重要な栄養素になります。
葉酸は、厚生労働省からも、妊娠中の1ヶ月前から妊娠3ヶ月の期間は、1日400㎍を摂取するように推奨されている栄養素になります。
赤ちゃんは妊娠6週間までに脳の神経が形成されるのですが、特にこの期間に葉酸が不足するととい、神経管閉鎖障害が発症するリスクが高くなってしまいます。 妊娠6週間という時期は妊娠検査薬でようやく判定が出るようになる頃なんです。ですので、妊娠がわかってからではなく、妊活中から葉酸を摂取する必要があるのです。

赤ちゃんに栄養素とは酸素を十分に運ぶために

胎児に栄養素を摂取運ぶにはビタミンEが重要

赤ちゃんに栄養素とは酸素を十分に運ぶには、血流が良くないと十分には行き渡らなくなります。 そのため、血流を改善する栄養素が重要になるのですが、その栄養素が「ビタミンE」なのです。
ビタミンEは血流を改善する効果のある栄養素で、別名「妊娠ビタミン」と言われるくらい、妊娠するために必要と言われているビタミンです。 ビタミンEを摂取すると、胎盤の血流が改善されて、胎児に栄養素と酸素を十分に運ぶには事が出来るようになります。

血液を作る鉄分も重要

胎児に十分な栄養素と酸素を届けるには血流を改善する必要がありますが、その血流のもととなる、血液を作る鉄分も非常に重要になるのです。
鉄分が不足すると、栄養素を摂取運ぶには血液が不足してしまい、結果胎児の栄養不足の症状につながります。鉄分は体内に貯蓄する事の出来る栄養素ですので、妊活中からしっかりと鉄分はを摂取するようにしましょう。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活サプリ
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました