妊活中の生理不順や無月経を解消する栄養素は?

妊活サプリ

生理不順や無月経の悩みを改善する栄養素とは?

女性の特有の悩み【生理不順】や【無月経】を改善できる栄養素 女性の特有の悩みでもある「生理不順」や「無月経」は実は多くの女性が悩んでいる症状なのです。 あなたも、もしかしたら「生理不順」や「無月経」で悩んでいませんか? この、女性の特有の悩みでもある「生理不順」や「無月経」の症状を改善することのできる栄養素をご紹介致します。 「生理不順」や「無月経」の症状で悩んでいる女性」は是非ご覧になって下さい。

スポンサーリンク

女性の生理不順や無月経の悩みを解消する栄養素

さて、女性の特有の悩みの「生理不順」と「無月経」改善するには、【ビタミンE】と【コレステロール】がポイントになります。

女性の悩みの月経不順や無月経は、ビタミンEやコレステロールをしっかりと摂取する事で改善できるのです。 というのも、月経に異常があるという場合には、多くの場合に、ホルモンバランスが乱れているケースが多いからです。 ビタミンEとコレステロールは、ホルモンバランスを整える効果があるので、月経に異常をきたしている女性には非常にオススメの栄養素なのです。

ストレスが原因で自律神経を乱して、ホルモンバランスが崩れる

ストレスによってホルモンバランスが崩れる事もあります。 ストレスがかかると、自律神経が乱れてしまい、その影響で脳の視床下部がバランスを崩す事になります。 脳の視床下部は実は、ホルモン分泌を司っている部分ですので、この視床下部の部分がバランスを見だしてしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまうのです。

女性の生理の周期はこのホルモンの分泌によってコントロールされていますのでホルモンバランスの乱れは、生理周期の乱れに直結してしまうのです。 このようなことからも、ストレスはホルモンバランスを崩してしまい、その結果「生理不順」や「無月経」の症状となってしまうのです。

自律神経の乱れを改善する【ビタミンE】

上記のような症状にならないようにするためにも、ビタミンEを日々の食事やサプリメントでしっかりと摂取する事は重要な事なのです。 ビタミンEには、自律神経の乱れを改善してくれる効果がありますので、ストレスによる月経不順や無月経の症状を改善、予防するには、非常に大切な栄養素です。 また、ビタミンEには非常に協力な抗酸化作用がありますので、ストレスによって体内に発生した活性酸素を除去してくれるという大変うれしい効果があります。 このような理由もありますので、ビタミンEは妊活中の女性に非常にオススメの栄養素なのです。 活性酸素は基本的には、ストレスによって体内に発生して、身体を酸性化させてしまう物質です。 身体を活性化させてしまうので、血流が阻害されてしまい、血流を悪化させてしまいます。 血流が悪化すると、排卵機能にも悪影響がありますので、ビタミンEのような強力な抗酸化作用がある栄養素は妊活中の女性はしっかりと摂取する必要があるのです。 ビタミンCとビタミンEは抗酸化物質として非常に強力な栄養素ですが、ビタミンEにはビタミンCをの効果を補助する機能もありますので、どちらも摂取するのが非常にオススメです。

ストレスに対抗するためにオススメの方法

ストレスは妊活中の女性にとっては大敵なものです。そんなストレスを解消するためにはビタミンB群が非常にオススメです。 ビタミンB群には精神を安定させる効果がありますので、ストレスに対抗するには、非常に有効な栄養素になります。 また、ビタミンCとタンパク質は、副腎から分泌される抗ストレスホルモンの材料となりますので、妊活中の女性にとっては非常に大切な栄養素になります。 また、無理なダイエットなども厳禁です。無理なダイエットを行うと視床下部に影響を与えて、ホルモンのバランスを乱してしまい、月経不順や無月経の原因ともなります。 過剰な飲酒や喫煙、糖分の取りすぎも活性酸素を増加させる原因となりますので、要注意です。

コレステロールは女性ホルモンの材料

コレステロールは女性にとっては非常に重要な栄養素になります。 コレステロールは女性ホルモンを作る材料になるのです。 女性ホルモンがしっかりと分泌されないと、生理の周期は正しく機能しません。ですので、生理不順や無月経を改善するには、まずはしっかりと女性ホルモンが分泌される身体にする必要があるのです。 コレステロールは女性ホルモンの材料になる、とても大切な栄養素です。一般的には、コレステロールというと「ダイエットの際には避けるもの」というイメージがあるものですよね?でも、実はこのコレステロールがないと女性ホルモンが分泌されないのです。 女性ホルモンが分泌されるということが女性にとっては、とても大切なことなのでコレステロールもしっかりと摂取することが大切なのです。 しかし、コレステロールの摂取しすぎには注意が必要になります。コレステロールの摂りすぎでは、血中に余分なコレステロールが残ってしまい、血栓や動脈効果の原因となってしまうのです。 このようなことを予防するためには、「オメガ3脂肪酸」という脂質が重要になります。善玉コレステロールを増加させて血流の改善を促してくれます。 ※オメガ3脂肪酸についてはこちらをご覧になって下さい。
(コンテンツが完成次第リンクがつながります。)

また、コレステロールと一緒にタンパク質を摂取することが重要なのです。コレステロールはタンパク質によって身体の隅々までに運ばれていきます。ですので、タンパク質がないと、いくらコレステロールを摂取しても、効果がないのです。

瘦せ型の女性には特にタンパク質の摂取が重要

痩せすぎでの女性は一般的には「生理不順」や「無月経」になる可能性が非常に高くなります。 そのような方は特にタンパク質をしっかりと摂取することをオススメします。

炭水化物の摂取のしすぎには注意が必要

タンパク質をしっかりと摂取する際には、炭水化物を多く摂取するのではなく、「タンパク質」や「脂質」「ビタミン」「ミネラル」などをしっかりと摂取するのことが大切です。 炭水化物を多く摂取するということは、血糖値が不安定になり、インスリンの低抵抗の原因となります。インスリン低抵抗は、排卵障害の原因になりますので、炭水化物を大量に摂取することは、妊活中の女性は特に気をつけていただききたいことになります。

タンパク質をきちんと摂取して体重を増加させましょう

瘦せ型の女性は、タンパク質をしっかりと摂取して、体重を増加させることがとても重要です。 タンパク質は筋肉を作る非常に重要な栄養素になります。筋肉は熱を作り、身体の新陳代謝を促進して、血流を改善をする効果があるので、冷えが解消される効果もあります。 また、血流が改善をされるので、卵巣周りの血流もよくなりますので、妊娠しやすい体質になるという効果も期待する事ができます。 オメガ3脂肪酸なども、一緒に摂取するようにして、コレステロールもしっかりと摂取すれば、女性ホルモンの材料となりますので、非常にオススメです。 脂肪を増加させるのではなく、タンパク質をきちんと摂取することによって「筋肉をしっかりと増加させて体重を増加させる」といいうのがとても大切になるのです。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活サプリ
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました