妊活中には人工甘味料に注意して!
妊活中には人工甘味料に注意して!
妊活中には人工甘味料に注意して!

妊活中には気を付けたい!【人工甘味料】

妊活中、妊娠中に気を付けたい人工甘味料

妊活中の女性は人工甘味料に注意しましょう!

妊活中、妊娠中の方も体重に気を付けて「カロリーゼロ」などの清涼飲料水を飲んでいませんか?

このカロリーゼロの清涼飲料水に入っている人口甘味料ですが、妊活中、妊娠中の女性、男性にはできればあまり飲んでもらいたくない物です。

人工甘味料とは

人工甘味料には、代表的な物としては「アステルパーム」があります。

皆さんも一度は名前を聞いた事があるのではないでしょうか?この人工甘味料とは一体どのような物なのでしょうか?

人工甘味料とは、天然には存在しない「人工」の成分を使って甘味をつけるために使われる「食品添加物」です。

砂糖などの天然素材からできた甘味の代替えの甘味料として使われています。

砂糖よりも強い甘みがあるのですが、血糖値が上昇するのが緩やかですので、体内で吸収されにくいとい特徴があります。

このような特徴があるので、病気の抑制にも効果があると言われています。

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 虫歯

などの病気の抑制には効果があります。

人工甘味料と妊活の関係

さて、病気の抑制にも使われる人工甘味料が妊活に対して悪影響を与える可能性があるという事もご紹介します。

人工甘味料が妊活に悪影響を与える心配は2つあります。

  • フェニルケン尿症
  • 防腐剤の危険性

フェニルケン尿症
人工甘味料のアステルパームが代謝される際にはフェニルアラニンが生産されます。

通常の人は問題は無いのですが、フェニルケン尿症のからはフェニルアラニンが蓄積されると大変な事になります。

フェニルケン尿症とは、フェニツアラニンを代謝する機能が弱い先天性の病気ですが、人間の体はフェニルアラニンが蓄積されると、「神経発達の障害」「運動神経発達の遅延」「セロトニン分泌異常による身体と精神の不調」などの症状が発症します。

この病気は決して発症率が多い訳ではありませんが、もしかしたら妊娠した胎児がこの病気都いう可能性もあります。

万が一の事を考えると、人工甘味料を避ける方が良いでしょう。

防腐剤の危険性
人工甘味料のアステルパームやL-フェニルアラニン化合物は加水分解されるとアミノ酸になります。アミノ酸はたんぱく質の元になります。

つまりは、腐りやすいのです。その為、品質を維持する為に、防腐剤が多く使われています。

砂糖や異性化糖を使っている清涼飲料水は基本的には腐りにくいので防腐剤はしようされていません。

防腐剤を多く摂取するというのは、妊活中の女性や男性には非常に悪影響を与える可能性があります。

特に男性は精子の質が低下する危険性があります。

妊活中の期間くらいは、人工甘味料を飲まないようにする方が良いでしょう。

妊活中の人工甘味料の摂取について

妊活中、妊娠中の人工甘味料の摂取は基本的には避けるようにしましょう。

人工甘味料は防腐剤以外も、アステルパームに発がん性の危険性があるという報告もあるくらいですので、できるだけリスクは遠ざけるようにした方が良いでしょう。

将来のかわいい赤ちゃんの為に、人工甘味料を摂取しないようにするくらいはすぐにできる事ですね。