【妊活の食事】鉄分は妊娠には不可欠な栄養素!隠れ貧血に要注意!

妊活中には鉄分が非常に重要に!隠れ貧血は大丈夫?妊活中の女性は「隠れ貧血」になっていませんか?
実は、妊活中の女性の貧血が非常に多くなっているのです。
「鉄分が不足がすると、貧血になる!」とこのようなことは分かっていますよね?当然鉄分不足は貧血の直接の原因となります。
でも実際に妊活中の鉄分不足がどのような影響があるのか?ということはイマイチよくわかりませんよね?
そこでここでは、妊活中の女性と鉄分の関係をご紹介します。
妊活中の女性は是非ご覧になって下さい。

妊活中の女性と鉄分の関係

妊活中には鉄分が重要!なんとなく分かっていますよね。
でも、妊活、妊娠という鉄分ってどのような関係にあるのでしょうか?
それでは、鉄分が妊活中の女性に欠かす事が出来ない理由と、効果的な鉄分の摂取がの方法をご紹介します。
まずは、鉄分が多下さい含まれている食材をご紹介します。
鉄分にはヘム鉄という非ヘム鉄妊活中の分類されます、それぞれどのような食材に含まれているのかを知りましょう。

ヘム鉄が多く含まれている食材

ヘム鉄が多く含まれている食材

  • レバー
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 砂肝
  • カツオ
  • マグロ
  • 煮干し
  • イワシ

非ヘム鉄が多く含まれている食材

非ヘム鉄が多く含まれている食材

  • あさり
  • ホタテの貝柱
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ひじき
  • 切干大根

上記のような食材妊活中の鉄分が多く含まれています。

鉄分を効果的に摂取する事ができる妊活サプリ

さて、鉄分が多く含まれている食べ物をご紹介しましたが、妊活中の女性には鉄分を手軽に摂取する事ができる妊活サプリが非常にオススメです。
それでは、鉄分不足になるとどのような症状がでるのかをご紹介します。

鉄分不足が原因となって発症する症状

鉄分不足がどのような症状を引き起こすのでしょうか?
特に女性は鉄分不足になりやすいので体質の方が多く、また貧血の症状に悩んでいる女性も多くます。
では、鉄分不足がどのような症状を引き起こすかをご紹介します。

鉄分不足で発症する症状

  • 貧血
  • 手足の冷え
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 疲労感
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 立ちくらみ
  • 息切れ

上記のような症状が鉄分不足が原因となって発症する症状としては有名です。
また意外と知られていませんか、次のような症状も、鉄分不足が原因となって発症する症状なのです。

以外と知られていない「鉄分」が不足すると発症する症状

  • 肌荒れ
  • シミ
  • 口の周辺のニキビ
  • 口内炎
  • 抜け毛

驚かれる方もいるでしょが、上記のような症状も鉄分不足が原因と言われています。

どのくらい鉄分を摂取したら良いの?

「鉄分ってどのくらいの量を摂取したら良いの?」実はこのような質問は非常に多くあります。
厚生労働省の「日本人の食事の摂取基準の概要」には、30〜49歳の場合は男性7、5mg、女性は10、5mgの鉄分が必要がと推奨されています。
さらに、妊娠中の女性の場合には、妊娠初期の段階でプラス2、5mg、妊娠中後期にはプラス15mg、授乳中にはプラス2、5mgが必要と言われています。

妊活中、妊娠中に鉄分不足になって発症いけない理由とは?

さて、妊活中、妊娠中に鉄分不足になってはいけない理由をご紹介します。

妊活中に鉄分不足になってはいけない理由とは一体どんな理由なのでしょうか?
実は、妊活中、妊娠中に鉄分不足になってしまうと、胎児の酸素不足や栄養不足になってしまう可能性があるのです。
鉄分は血液の材料となる栄養素になります。 血液の材料の中でも非常に重要な赤血球を作るの役割を持っているのです。

赤血球は体内で酸素を運ぶという非常に重要な役割がありますので、鉄分不足の状態になると、赤血球の働きが悪くなります。
赤血球の働きが悪くなると、胎児に酸素や栄養素が運ばれなくなってしまうので、非常に危険な状態になるのです。

鉄分不足になると、子宮内膜が厚くならない!

鉄分不足になると、子宮内膜が厚くならない可能性もあります。妊活中の女性には非常に大きな問題はですね。
また、鉄分は子宮の粘膜を作るの材料にもなっています。

受精した後に受精卵は子宮内に着床しますが、その際に受精卵が着床するベッドの役割をする「子宮の粘膜」を作っている栄養素が鉄分なのです。
妊活中の女性、妊娠中の女性には絶対に欠かす事が出来ない重要な栄養素。それが鉄分なのです。

鉄分は貯める事ができる栄養素!

鉄分は体の中に貯めておく事ができるって知っていましたか?
実は、鉄分は妊娠に備えて妊活中から体に貯めておく事ができるのです。
ですので、妊娠してから慌てて鉄分を摂取するのではなく、妊活中からしっかりと鉄分を摂取し続ける事が重要なんです。

鉄分は動物性の鉄分がオススメ

鉄分は、動物性の鉄分がオススメです。
鉄分を多く含んでいる食べ物は沢山あります。
でもせっかく摂るなら、効果的に良い鉄分を摂取したいと思いませんか? では、どの食べ物から鉄分を摂ったら良いのかと言いますと、「鉄分は動物性の食べ物」から摂取した方が良いのです。
実は、鉄分は動物性の食べ物に含まれている鉄分の方が体内での吸収率が良いのです。

鉄分には2種類の鉄分がある

鉄分には多きく分けて2種類の鉄分があります。
それは、動物性の食べ物に含まれている「ヘム鉄」と植物性の食べ物に含まれている「非ヘム鉄」に分類されます。
ヘム鉄の方が非ヘム鉄に比べて吸収率が5〜10倍以上もあるので、鉄分を摂取するのはヘム鉄の方が非常に効果的に摂取する事ができるということになります。
ですので鉄分を摂取するなら「ヘム鉄」多く摂取できるように動物性の食べ物から摂取した方が良いのです。

妊活中の隠れ貧血に注意!

妊活中の女性は鉄分不足による隠れ貧血に注意して下さい。
さて、あなたは「隠れ貧血」という言葉を聞いた事がありますか?
実は、この隠れ貧血は、貧血の検査をしても異常が見つからないのに貧血の症状があるという症状なのです。
通常は貧血の検査は、血液検査をして血液中のヘモグロビンの量を測定して、検査を行います。
ヘモグロビンの量が少ないと貧血という事になるのです。

そもそも、ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割を持っている成分で、鉄分から作られています。
ですので、ヘモグロビンが少ないとなると、鉄分が不足している状態になり、その結果として貧血の症状が発症するという事になるのです。
しかし、最近では鉄分が不足している状態なのに、ヘモグロビンの量に変化が出ないというケースの症状が多くなっているそうです。

隠れ貧血の症状はフェリチン値を確認する

では、隠れ貧血の検査は一体どのようにすれば良いのでしょうか?それは、フェリチン値を確認することで隠れ貧血の症状がわかります。
フェリチンというのはタンパク質の一種です。
このフェリチンは鉄分と結合した状態で体内にためておく事ができるのです。

つまり、このフェリチンが蓄えられていれば貧血にはならないのです。
しかし、フェリチンと結合して蓄えられている鉄分が不足している状態では、ヘモグロビン値には変化がなくても、貧血の症状が発症してしまうという事になるのです。
このような症状は通常の貧血の検査では発覚する事がないので、「隠れ貧血」と呼ばれているのです。
特に妊活中の女性、妊娠中の女性は貧血の検査の際には、通常の検査だけではなく、フェリチン値も検査して隠れ貧血の症状がないかをしっかりと確認して下さい。

貧血が怖い!でも鉄分の取りすぎには注意が必要!

「貧血の症状が怖いから、鉄分は沢山摂る!」なんて女性が実は少なくないのですが、実は鉄分は摂取し過ぎると危険なケースがあります。
鉄分を摂取し過ぎると、体内で蓄えられて余った鉄が、血管の壁や肝臓を傷つけてしまい、動脈硬化や肝障害の原因となる可能性があるのです。
また、活性酸素が増えて、卵子や精子の老化の原因ともなります。

妊活中、妊娠中の女性と鉄分の関係のまとめ

妊活中の女性、妊娠中の女性には欠かす事が出来ない重要な栄養素の鉄分。
鉄分が不足しているか?どうかの判断は、必ず専門の医師に確認をするようにしましょう。
妊活中の女性には特に必要不可欠な栄養素ですが、鉄分の摂取量には注意して下さい。
特に妊活中の女性で鉄分の妊活サプリを使用する際には、摂取し過ぎなんて事がないように、摂取量を確認して摂取するようにしましょう。