【妊活サプリ】妊活サプリは医薬品とは違うの?

サプリメントと医薬品の違いとは
サプリメントと医薬品の違いってなんなのでしょう?医薬品とサプリメントの違いって知っていますか?
妊活中の女性の中には、「妊活サプリメント」を妊娠しやすい体になる為の薬と勘違いしている女性もいます。
普段何気なく飲んでいるサプリメントですが、医薬品とは違うのでしょうか?
ここでは、医薬品とサプリメントの違いをご紹介致します。

医薬品と妊活サプリメントの違い

さて、ほとんどの方が、妊活サプリメンと薬は違うものと分かっていると思いますが、サプリメントと医薬品の違いを説明して下さいと聞くと、その違いを説明する事ができない方も少なくありません。

しかし、実際にはサプリメントと医薬品には目的や役割に、明確な違いあります。
ここでは、サプリメントと薬の違いについてご紹介していきます。

医薬品とサプリメントの明確な違い

医薬品とサプリメントには明確な違いがあります。
医薬品は病気の治療や症状の緩和に効果があり、そのために服薬する物に対して、サプリメントは病気を予防したり、体質を改善する為の目的で飲むものです。

つまりサプリメントは病気の治療として効果はありません。

また、サプリメントは日本では食品に分流されている為にラベルなどに「効果」や「効能」を記載する事はできません。
「◯◯に効きます」なんてかいたら薬事法違反となってしまいます。

さて、おおよその違いをご紹介しましたが、より詳しくサプリメントと薬の違いをご紹介していきます。

サプリメントと薬の様々な違い

サプリメントと薬を様々な角度から比較していきます。

サプリメントと薬の法的な違い

サプリメントの法令上での位置付け
サプリメントには実は法的な適用はありません。日本ではサプリメントは単なる食品と言う事になっています。
そのため、市場には悪質な効果を感じられないような商品も販売されるような状況なのです。
サプリメント後進国と言われるのはこうゆう部分もあるのでしょうね。

薬の法的な位置づけ
日本では薬(医薬品)は薬事法で厳密に定められています。
その効果や効能をしっかりと表記しており、具体的な服薬時期や服薬の量を表示する事になっています。

サプリメントと薬の効果の違い

サプリメントの効果
サプリメントは先にも述べたように法的な縛りがありません。
薬のように何らかの疾患に対しての治療ができるような効果はありません。
サプリメントはあくまで、健康を促進させたり、健康の維持を目的として長時間かけて使用するものです。
直接的な治療の効果をうたっているような商品には気を付ける方が良いでしょう。

特に薬事法の適用範囲ではなく、食品ですので「効果」「効能」を表記する事は禁止されています。
あくまで食品なのです。

薬の効果
薬は今更、説明の必要はありませんが、何かしらの疾患の治療を目的に服用されるものです。
疾病の治療に対しては確実で即効的な効果が期待できるものです。
しかし、薬を処方されるには、基本的には医師の指示が必要になります。

サプリメントと薬(医薬品)の違い

サプリメントと薬の違いは、非常に明確にあります。サプリメントは食品なので、効能や効果は表示してはいけません。
もしかしたら、「◯◯に効くサプリメント!」「◯◯が治るサプリメント!」プリメントなんて商品を見た事はありませんか?

もしそのような商品を見たら、そのサプリメントは非常に怪しい会社から販売されているサプリメントかもしれません。
薬は即効性がある治療に使用される物。サプリメントは長時間をかけて効果を発揮する健康食品となります。
妊活サプリメントを選ぶ際には、過剰に効果をうたっているような商品は気をつけるようにして下さい。