【35歳からの妊活】高齢で自然妊娠をするために!

【35歳以上の妊活】高齢で自然妊娠をするために! 35歳からの妊活
【35歳以上の妊活】高齢で自然妊娠をするために!

高齢で自然妊娠するためのに!
40歳代でも自然妊娠するために!高齢出産でもできれば自然妊娠したい。
という気持ちは女性であれば当然のことです。

一般的には35歳以上では高齢出産と言われ、妊娠の可能性や無事に出産ができる可能性が低くなっている状態です。
それが40歳ともなると、自然妊娠できる可能性は若い頃と比べると非常に低くなっているのが現実です。
でも、そんな状態でも自然妊娠することは不可能ではありません。
不妊治療に頼ったりしないで自然妊娠するには、押さえたいポイントがあります。

スポンサーリンク

40歳以上で自然妊娠にこだわる方

高齢出産となっても、できれば自然妊娠をしたいと思っている女性はたくさんいます。
自然妊娠にこした事はありませんからね。
自然妊娠での重要なポイントをご紹介します。

卵子の質を卵子の個数の関係

一般的には、35歳以上で高齢出産と言われています。
なぜ、35歳以上で高齢出産と言われるかというと、多くの女性の場合には、35歳をすぎると、卵巣内に残っている卵子の個数が減少してしまい、残っている卵子の質も劣化するようになると言われています。
ですから35歳以上はリスクの伴う可能性が高い高齢出産と言われているのです。

そうなんです!妊娠するのに重要なことは、「卵子の数」と「卵子の質」なんです。
特に「卵子の質」が重要と考えられています。
卵巣内に卵子が残っていても、残っている卵子の質が悪ければ、自然妊娠することは難しくなります。
卵子の質さえよければ、その卵子が受精する可能性は非常に高くなるのです。
ですから、「卵子の数」と「卵子の質」特に「卵子の質」重要になるのです。

卵子の質は改善することができる!

自然妊娠に必要なのが、「卵子の質」と「卵子の数」ということは分かりましたね。
でも、実は「卵子の数」は、どうにもなりません。
女性は生まれた時に卵子の数は決まっていて、年々減少していきます。
これは人間の医療技術ではどうにもならないそうです。

しかし、安心して下さい。「卵子の数」はなんともなりませんが、「卵子の質」は改善することができます!
卵子の質は確かに年々劣化するものですが、劣化を促す環境的な因子を解消することで、卵子の質を改善することができる可能性が十分にあるのです。
では、卵子の質を劣化させる一番の環境因子とはなんなのでしょう?
実は、それは「ストレス」なのです!

ストレスが原因で卵子が劣化する!

実はストレスが原因となって卵子の質が劣化しているのです。
ストレスのような外部因子によって、人間の体内の「活性酸素」を発生させます。
この活性酸素が人間の体で本当に悪さをするのです。
「活性酸素」は本来は、細菌やウイルスから人間の体を守るものです。
しかしその活性酸素が増加しすぎると体をまもるはずの活性酸素が体内の期間や細胞を攻撃してしまうのです。
当然、増えすぎた活性酸素は卵子も傷つけます。その結果「卵子の質が落ちる」という状態になるのです。
本来人間には、活性酸素を除去する力があります。
この活性酸素を抗酸化作用というのですが、本来人間が持っている力ですが、その力も劣化をします。
年齢とともに抗酸化力は低下します。
一般的には、40歳をすぎると、抗酸化力が非常に低下して、自力で活性酸素を除去することが難しくなると言われています。

また、社会で責任がある立場になっていたりするとストレスは非常に多くなっています。
日々のストレスを自分の力では除去しきれない活性酸素よって卵子が傷ついしまっている可能性があるのです。
卵子が傷着くといことは卵子の質が低下するということになるのです。

卵子の質を向上するには抗酸化物質が必要

さて、卵子の質が低下する原因はわかりました。
では、卵子の質を向上させる、卵子の質を低下させないためには、活性酸素を除去すればいいのです。
でも、どのようにして活性酸素を除去すればいいのかと言いますと、抗酸化物質を利用するのです。
抗酸化物質をサプリメントで摂取することで、体内に発生した活性酸素を除去できるようになるのです。
抗酸化物質として有名なものには、「ビタミンC」や「ビタミンE」などがあります。

卵巣機能の改善!ホルモンバランスの改善!

40歳以上で自然妊娠を希望するのであれば、ホルモンバランスの改善と卵巣機能の改善は必要不可欠なことです。
この部分をしっかりとすることが自然妊娠への近道となるのです。

女性の40歳になると女性ホルモンが減少する

女性も40歳になると女性ホルモンが減少していくのです。
更年期障害って聞いたことがありますか?更年期障害も女性ホルモンの乱れが原因で発症しているのです。
一般的には女性は50歳前後になると、女性がホルモンバランスをくずして、心身ともに不調になってしまうのが更年期障害と言われているのです。
多くの女性がこの年齢で閉経をするので、その影響もあるのでしょう。
ホルモンバランスが崩れる一番の原因は、年齢とともに女性ホルモンが減少することが原因となっています。
女性ホルモンは年齢とともに減っていきますが、特に40歳になると30代とは比較にならないほどに女性ホルモンが減少するのです。

卵巣機能が低下する原因は女性ホルモンの減少

卵巣の機能が低下する原因は実は女性ホルモンの減少が関係しているのです。
女性ホルモンが減少すると何故?卵巣の機能が低下するのかと言いますと、女性ホルモンと生理周期の関係にあります。
女性ホルモンは生理周期をコントロールしています。

つまり女性ホルモンが減少すると、排卵が正常に行われなくなるのです。
排卵が正常に行われないのであれば、当然妊娠することはできませんよね?
ですから、40歳以上で自然妊娠を希望している女性は、女性ホルモンの分泌を正常な状態にもどす必要があるのです。

女性ホルモンのバランスを整えるには

女性ホルモンを正常な状態に整えるには、「ビタミン」を摂取することがおすすめです。
特に、妊娠ビタミンといわれている「ビタミンE」が効果的です。
ビタミンEは通称「妊娠ビタミン」ともいわれているくらい妊活中の女性に必要な成分が多くあります。
ビタミンEの代表的な効果は自律神経のバランスを整えることです。
自律神経に効果があるので、ホルモンバランスが正常な状態に整います。
ホルモンバランスが正常な状態に整いますと、生理周期を安定させる効果があります。
生理周期が安定すると、排卵の機能を回復させるので、より妊娠しやすい体質になります。

つまり、「ビタミンE」を摂取すると妊娠しやすくなるのです。
また、「ビタミンE」以外でも「ざくろ」や「マカ」も生理周期を安定させて、排卵の機能を改善する効果があるので、40歳以上で自然妊娠を希望している女性には本当におすすめです。

妊娠合併症にならないために

40歳以上の自然妊娠ではできる限りのリスクは排除するように気を使いましょう。

40歳以上では、妊娠」合併症のシスクが高くなる

40歳以上の妊娠では、注意することが本当に多くあります。
通常は35歳以上の妊娠を「高齢妊娠」「高齢出産」なんて言います。
35歳以上の妊娠、出産はリスクが高くなるのでそのように呼ばれているのです。
35歳以上の妊娠では、妊娠合併症にかかるリスクが高くなると言われています。
妊娠合併症とは、「妊娠高血圧症候群」と「妊娠糖尿病」が代表的な合併症になります。

妊娠高血圧症候群

妊娠恋血圧症候群とは、妊娠期間中に血圧が上昇してしまう症状で、母体と胎児にとって非常に危険な状態になることもある危険が合併症です。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠してから結構血が上昇してしまう症状です。
胎児の奇形や帝王切開のリスクが非常に高くなる合併症です。
上記のような合併症が代表的なものですが、そちらも35歳以上の妊娠では、発症する可能性が高くなります。
特に40歳以上になりますと、そのリスクは非常に高くなります。

40歳以上の女性にもおすすめのサプリメント

ハグクミの恵み

マカザクロサプリ「ハグクミの恵み」が、40歳以上で自然妊娠を希望している妊活中の女性から非常に人気があります。
マカもザクロも妊娠しやすい体作りに効果的な成分が豊富に含まれていますので、妊娠したいと思っている女性には、オススメのサプリメントです。
最近、特に「ハグクミの恵み」の人気が高くなっているようです。
人気があるという事は、それだけ効果も期待できるということですね。
⇒ハグクミの恵はコチラで詳しくご紹介しています。

その他の35歳からの妊活の注意点

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
35歳からの妊活
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました