【妊活女性の身体作り】妊活のために健康な体を維持する方法
【妊活女性の身体作り】妊活のために健康な体を維持する方法
【妊活女性の身体作り】妊活のために健康な体を維持する方法

妊活に向けた体作りのご説明を致します。
健康で元気な赤ちゃんを産みたい、と思うのは、女性に取っては当然の事です。その為に気になるのは、自分自身の体の事です。

自分では健康だと思っていても、「母体」としては大丈夫なのか、また、ちゃんと妊娠、出産できるのか、と考えだしたら不安になってしまいますよね。

そこでこちらでは、妊活中の女性に妊活の身体作りに関してご紹介します。

妊活の体作りの基本その1、月経周期

妊活の体作りで大切な事は、月経周期を整える事です。

毎月生理があれば、妊娠ができると考えている女性が多いのですが、きちんと排卵をしている事が重要なのです。

排卵するまでの、14日間と排卵後の14日間にエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが1体1の割合で分泌され、そのホルモンが正常に分泌される事で、正常な月経周期となります。

この、月経周期が乱れていないかをする上で、基礎体温の把握が重要です。

妊活の体作りの基本その2、標準体型

妊活にとって一番良いと言われている体型は「標準体型」です。

基準になるのは、体脂肪率やBMI数値ですね。

体脂肪率は、現在では体重計でも計れるようになっていますので、しっかりと管理を知る事が良いでしょう。

BMI値は、身長と体重から割り出す肥満度。

計算式は、「BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}」で求められます。

体脂肪率は、性別・年齢によって異なりますが、BMI値は20~24、広い範囲では18~26が標準です。

標準ということは、最も病気になりにくいということになります。