【妊活女性の身体作り】心と身体のバランスを整える睡眠方法
【妊活女性の身体作り】心と身体のバランスを整える睡眠方法
【妊活女性の身体作り】心と身体のバランスを整える睡眠方法

妊活中の女性にとって睡眠は非常に重要です。睡眠を十分に取るという事は、自立神経を整えるとともに、メンタル面にも影響を与えます。

またホルモンのバランスにも影響します。

女性にとっては美容の面でも睡眠を取る事が大切ですので、妊活中の女性はしっかりと睡眠を取って下さい。

こちらは六角脳枕のご紹介です!
↓ ↓ ↓



心と身体のメンテナンスの「眠り」とは

眠りは美容にも重要です。妊活にとって欠かす事のできないという事は当然ですが、お肌の為にも、美容の為にも質の良い眠りを取りましょう。

質の良い眠りとは

質の良い眠りには2つの条件があります。その条件をご紹介致します。

  • 寝付きの良さ
  • 目覚めの良さ

上記の2つが、質の良い眠りの条件です。この2つがセットになり質の良い眠りと言えます。

布団に入ってから、なかなか眠れないという場合や、朝なかな目が覚めないというような場合には質の良い眠りを取っているとは言えません。

質の良い眠りを取る為のコツとは

質の良い眠りを取る為のコツは2つあります。

  • しっかりと日光を浴びる
  • 生活のリズムを整え起床、就寝の時間を一定にする

日光を浴びる事は、実は非常に重要な事なのです。

日光を浴びると眠りを誘導する「メラトニン」というホルモンが体内で生成されます。

メラトニンは14時間〜16時間後に体内で分泌されます。したがって、起きて日光を浴びてから約14〜16時間後に眠くなる事になります。

一日中外出をしている日は普段よりも眠くなるというのは、疲れているという事もありますが、日光を浴びたからという理由もあります。

次に、生活のリズムを整えるという事です。

起床、就寝を一定の時間にする事で身体がその状態を記憶します。そうすると、毎日同じ時間に眠くなるというようになります。また目覚ましがなくても起きられるようになります。

朝食を取るというのも良いと言われています。

朝食を食べると、体内の血糖値が上昇しますので、脳が寝覚めるという効果に加え、毎日同じ時簡に朝食を食べる事によって、その時間の1時間前に胃と腸が動き始め、目覚めの準備が始まるのです。

こちらは六角脳枕のご紹介です!
↓ ↓ ↓



妊活女性に眠りは特に重要

女性にとって質の良い眠りは特に重要になります。
質の良い眠りは、免疫力を向上させ、ホルモンの分泌量を安定させます。

質の良い睡眠を取る為には日付が変わる前に就寝する事をお勧め致します。

また、眠りについてからの3時間が最も重要で、その3時間が肌を整えたり、免疫力を高めたりする「ゴールデンタイム」になります。
「お肌は夜作られる」と言うように女性にとって睡眠時間を正しく取る事は美容に対しても重要になります。

眠りはメンタル面にも影響を与える

眠りはメンタルの面にも影響を与えます。

睡眠をしっかりと取らないと、「また眠れなかったらどうしよう・・・」とか「朝、起きられなかったらどうしよう・・・」等の心配がでてきてしまいます。

そのような心配があると、入眠困難な状態になってしまいます。それが原因で、ひどい時には自立神経に支障を来す事もあります。

日頃から質の良い睡眠を取る事が、メンタル面においても重要な事なのです。

寝付きが悪い場合には

寝付きが悪い人は実は非常に多くいます。そのような人は「寝る前に体温を少し上げておいてから、徐々に下げる」という事を意識して下さい。

人間は体温の上がり始めに眠気を感じます。

眠る前に手が温かくなるのはその為です。

発汗は熱を外に出す方法としては有効です、発汗をする為には38℃〜40℃程度のお風呂にゆっくりと半身浴を20〜30分程度すると良いでしょう。

ただし、発汗する為と言って、寝る前の激しい運動は、身体が興奮状態になってしまいますので、避けましょう。寝る前の運動としてはウォーキング程度にしておいた方が良いでしょう。

運動をした後は寝る前までにリラックスをして下さい。

リラックス方法としては、アロマや音楽鑑賞をしている方が多いようです。

好みはありますが、アロマでは、柑橘系の香りがリラックス効果を得る為にはお勧めです。

また、寝る前にはスマホやPC等の強い光をあまり見ないようにして下さい。

カフェインやタバコ等の刺激物も良くありません。

強い光を見たり、刺激物を体内に入れると、脳が活性化して眠気が無くなってしまいます。

考え事等も出来るだけしないようにして眠るようにして下さい。

睡眠時間が確保できない人は?

良い睡眠を取る為には、日付が変わる前に就寝して、最低でも6時間は睡眠時間を取ると良いと医学的には言われています。

しかし、6時間の睡眠時間を取る事が難しい人も多くいます。

そのような人は、起床時に爽快感を得る事が重要です。

人によっては多少、個人差はありますが、浅い眠りと深い眠りは約90分間でワンセットとなっています。レム睡眠という浅井睡眠の時間帯に起きると、気持ちよく目が覚める事が出来ます。

自分の睡眠時間を90分間で割り切れるようにしてみて下さい。

人間は最低3時間睡眠を取る事ができれば、成長ホルモンが分泌されますので、どうしても、睡眠時間が確保できないという場合には、最低でも3時間の睡眠時間を取るようにして下さい。

夜中に目が覚めてしまう原因とは

夜中に目重ねてしまうという事があります。

その原因とは、水分の過剰摂取と、眠りの浅さが原因の一つとしてあります。水分を取りすぎるとトイレに行きたくなります。

夜中にトイレに行くという事は、睡眠が浅いという事になります。

睡眠が浅いと、脳が少し起きている状態ですので、トイレに行けという信号を脳が出してしまいます。

特にアルコールは身体の水分を使用して放出させるようになりますので、睡眠誘導効果が後は言え、多く飲み過ぎるのは良くありません。

こちらは六角脳枕のご紹介です!
↓ ↓ ↓