【妊活女性の身体作り】妊活の為の枕選びのポイントをご紹介
【妊活女性の身体作り】妊活の為の枕選びのポイントをご紹介
【妊活女性の身体作り】妊活の為の枕選びのポイントをご紹介

良い睡眠を取る為には自分にあった枕が重要です。

枕は、自分にあった枕を使う事で、睡眠時の姿勢が良くなりしっかりとつかれを取る事ができます。

自分にあった枕を使う事で良い睡眠を取る事ができ、また良い睡眠を取る事が妊活にとって重要になります。

こちらは六角脳枕のご紹介です!
↓ ↓ ↓


妊活中の良い睡眠の為の枕の選び方

健康的な睡眠には、自分にあった枕が欠かせません。

自分にあった枕で良い夢を見て下さい。

きっと良い事があります。

妊活中の枕選びのポイント

良い睡眠をとる為には、枕の存在が重要になります。

枕の役割とは、寝ている時に身体に一番負担のない姿勢を保てるようにする為の物です。

敷き布団と頭部、頸部の間の隙間を埋めてあげる事が重要です。

しかし、この隙間は体型によって変わりますので、自分にあった枕を見つける事が難しいのです。

妊活中の枕選びの3つの要素

  • 枕の高さ(枕の高さが自分の首とあっているか?)
  • 枕の構造(枕の構造が自分の首とあっているか?)
  • 枕の素材(枕の素材がじぶんの好みか?)

上記の3つの要素が枕選びに大切な要素になります。

枕の高さ
人によって体型や頭の大きさに差がありますので、枕にもその人に合った高さがあります。枕に仰向けに寝た際に、頭部と首の角度がリラックスして立っている時と同じ状態になるのが理想的な枕の高さです。

枕の構造
人間は寝ている間に、寝返りを打ったり姿勢を変えたりします。

したがって、仰向けで寝ている状態だけではなく、横向きで寝ている状態でも頭部と首の角度が保てる構造の枕をお勧め致します。

人間は1晩に20回〜30回の寝返りをうつと言われています。

寝返りをうつと肩がしたになりますので、肩幅に合った枕の高さが必要になります。

その姿勢にも合うように、中央は低めで寝返りをうった時に横向きになるので、両サイドは少し高めになっている枕が良いのではないでしょうか。(人によって個人差はあります)

人は浅い眠りと深い眠りの切り替えの時や、布団の中の温度調整の為に寝返りをうちます。

その寝返りをスムーズに行えるような枕を選ぶ事が大切です。

現在使っている枕が横向きの際に肩が窮屈と感じるようであれば、枕の両サイドをタオル等でかさ上げするだけでも効果があるかも知れません。

枕の素材
枕の素材については、個人の好みが大切です。

寝る時に自分が気持ちよいと感じる事が重要になります。

また、体質によっても素材を選んで下さい。汗をかきやすい人は熱がこもりやすい「ウレタン素材」の枕はやめた方が良いでしょう。

ものぐさな人には「そば殻」の枕はお勧めしません。

そば殻は天然の素材ですので、虫がつきやすく、週に1回〜2回は天日干しをしないといけませんので。

こまめなお手入れが必要ない、ビーズ状の素材やストロー状の素材が人気があります。

枕の素材は自分の好きな素材で、お手入れが出来る物を選んで下さい。

妊活女性にとっての枕の重要性

女性とって睡眠は非常に大切な事です。

その為良質な睡眠を取る為の枕は非常に重要なアイテムなのです。

女性は月経周期の関係等で、睡眠を多く必要とする時期があります。

また、睡眠の時間は1日の内の約3分の1の時間を占めています。

その睡眠時間が残りの3分の2の時間に翁影響を与えています。睡眠時間によって身体のリズムが調整される為です。

また、睡眠中に成長ホルモンが分泌され身体のリズムが整えられますので、十分は睡眠の時間を取って下さい。

十分な睡眠が取れているかのチェックポイントは、昼間に眠くならないか?肌が荒れていないか?というような事でも判断できます。

睡眠時間が足りていないと感じたら、15分程度のお昼寝を取るだけでも、楽になります。

こちらは六角脳枕のご紹介です!
↓ ↓ ↓