【妊活の食事】妊娠してからでは遅い!カルシウムを蓄えておきたい理由
【妊活の食事】妊娠してからでは遅い!カルシウムを蓄えておきたい理由
【妊活の食事】妊娠してからでは遅い!カルシウムを蓄えておきたい理由

【妊活の食事】妊娠してからでは遅い!カルシウムを蓄えておきたい理由!妊活中に非常に重要なカルシウムの重要性を考える。

妊娠してからでは遅い!妊活中のカルシウムの重要性!妊活中のあなた、しっかりと、カルシウムを摂っていますか?

なかなか忙しくて、栄養バランスの整った食事ができなんて女性が多いのではないでしょうか?

確かに仕事が忙しくて普段は、外食が多くなってしまうなんて女性も少なくありませんよね?

でもカルシウムはしっかりと摂るようにしましょう。

カルシウムは妊活中の女性には、非常に重要な栄養素になります。

またこの栄養素は妊娠してから摂取しても実は、遅いのです!

ここでは妊活中の女性に摂ってのカルシウムの重要性をご紹介します。

妊活中の女性、いつかは妊娠を希望している女性は是非ご覧になって下さい。

妊活中の女性に
非常に重要なカルシウムとは

さて、妊活中の女性には欠かす事ができないカルシウムの重要性のご紹介をしましょう。

なぜ?妊活中の女性にカルシウムが重要で、妊娠してからでは遅いのでしょうか?それは、胎児の骨の成長と関係しています。

胎児の骨は、母体の骨のカルシウムを使って作られています。

つまり、摂取したカルシウムがすぐに胎児の骨を作る為の栄養素になるわけではないのです。

胎児の骨を作るためのカルシウムは、妊娠中ではなく妊活中の段階位に摂取したカルシウムが胎児の骨を作っているのです。

妊娠中にカルシウムを沢山摂取しましょうと言われないのはそのせいなのです。

妊活中にカルシウムを摂取する理由とは

胎児の骨は、母親の骨のカルシウムを使用して作らるのです。

ということは、母親の骨のカルシウムはどんどん減少しているという事になるのです。

その分のカルシウムを摂取しないといけないのですが、カルシウムは摂取してもすぐには、母親の骨になるわけではありませんので、妊活中からしっかりと摂取しておかなければならないのです。

母親の骨にカルシウムの蓄えが無いと、母親の骨に悪影響をあたえてしまいます。骨粗相症の原因になります。

現代の日本人はカルシウム不足

現在の日本人はカルシウム不足の人が多いのが現実です。

私達日本人は慢性的なカルシウム不足になっている方が非常に多くいます。 

厚生労働省が推奨しているカルシウム摂取量は次のようになっています。

  • 20代男性・・・800ミリグラム
  • 30代〜40代男性・・・650ミリグラム
  • 女性・・・650ミリグラム

と上記のようになっています。

しかし、現状では、日本人のカルシウムの摂取量は全く足りていません。

現在のところ、私たち日本人は慢性的な「カルシウム不足」になっている人が多いみたいです。

厚生労働省によると、カルシウムの1日あたりの摂取量の推奨は、20代男性で800mg、30代・40代で650mg、女性は650mgとなっています。

ところが、現状、カルシウムの平均摂取量は、だんせいが20代で457mg、30代・40代で437mg、女性が20代で402mg、30代・40代で441mgとなっていて、もう、全然カルシウムが足りていないことがわかります。

ですので、妊活中からカルシウムを常に摂取する事が重要になります。

妊活中からカルシウムを摂取して、しっかりと蓄えておく事が重要なのです。

妊活中のカルシウムの摂取方法

妊活中の女性のカルシウムの摂取方法をご紹介します。

まずはカルシウムが多く含まれている食材を知りましょう。

  • 牛乳
  • 煮干し
  • 干しエビ
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 豆腐
  • ごま
  • モロヘイヤ
  • 小松菜
  • イワシ
  • サケ
  • サバ
  • ししゃも

などの食材にカルシウムが豊富に含まれています。

さて、カルシウムが豊富に含まれている食材が分かったら、カルシウムを効率的に摂取する方法をご紹介します。

カルシウムを効率良く摂取するには、カルシウムと一緒に摂取した方が良い栄養素があります。 

その栄養素とは次のような栄養素になります。

  • クエン酸
  • ビタミンD
  • マグネシウム

などの栄養素をカルシウムと一緒に摂取すると、非常に効率良く体内で吸収されるのです。

クエン酸を多く含んだ食材

それでは、クエン酸を豊富に含んだ食材をご紹介しましょう。

クエン酸は「リンゴ」や「レモン」や「お酢」に多く含まれています。

ビタミンDを多く含んだ食材

さて、ビタミンDを多く含んだ食材をご紹介します。

ビタミンDは「サバ」や「イワシ」などに多く含まれています。

マグネシウムを多く含んだ食材

最後に、マグネシウムを多く含んだ食材をご紹介します。

マグネシウムは「大豆」「ナッツ」「玄米」などに多く含まれています。

ですので、これらの食材を合わせて摂取すると、カルシウムが効果的に摂取でkるようになります。

特にマグネシウムはカルシウムの吸収に欠かす事が出来ないくらい非常に重要な栄養素になりますので、是非一緒に摂取するようにしましょう。

妊娠すると虫歯になりやすいのは
カルシウムが不足する事が原因?

さて、妊娠すると虫歯にやりやすいなんてことを聞いたことはありませんか?

妊娠をすると、胎児に母親のはカルシウムが奪われますので、母親が虫歯になりやすいなんて思われているのですが、実は女性が妊娠中に虫歯になるのはカルシウム不足が原因という訳ではありません。

「じゃあ、なんで虫歯になるの?」なんて思っている女性問題は少なくてありませんよね?

実は虫歯になるのは次のような理由からなんです。

  1. 妊娠をするとホルモンバランスが変化して唾液のですが量が減少します。
    唾液の量が減少すると、唾液のですが粘り気が強くなります。
    唾液には口内の殺菌という役割がありますので、唾液の量が減少すると、虫歯になりやすくなるのです。
  2. さらに、妊娠期間につきもののつわりも虫歯に影響を与えているのです。
    つわりの期間中には吐き気などが原因で歯磨きがきちんとできなかったり、嘔吐で歯が胃酸に触れてダメージを受けるので虫歯になる可能性が高くなるのです。
  3. その他にも、妊娠期間中には間食が増加したり食事の時間が不規則になったりとして口の中が不衛生になりがちです。
    つまりの、虫歯になる可能性が高くなるのです。

妊活中の女性には
カルシウムの摂取が重要のまとめ

妊活中の女性にはカルシウムの摂取が非常に重要になります。

妊娠してからでは間に合わないことも考えて、妊活中の期間からしっかりとカルシウムの摂取を習慣付ける必要があるでしょう。

妊活中のはいつ妊娠しても、当然おかしくありませんし。

いつ妊娠するかということを予想する事も難しいのです。

ですので、妊活中の期間からしっかりとカルシウムを摂取がするようにするのが賢い妊活なのです。