【妊活】妊活中のおすすめの食事は「高温期を維持させる食べ物」!
【妊活】妊活中のおすすめの食事は「高温期を維持させる食べ物」!
【妊活】妊活中のおすすめの食事は「高温期を維持させる食べ物」!

高温期を維持させる食べ物のご紹介!
妊活女性には必要不可欠な食べ物「高温期を維持させる食べ物

妊活女性必見の「高温期を維持させる食べ物」は、あなたの妊活を成功させるために欠かすことができないことです。

妊活を成功させるために、妊娠しやすい身体作りのために「高温期を維持する食べ物」を積極的に食べるようにしましょう。

こちらでは、代表的な高温期を維持させる食事、食べ物をご紹介しています。

妊活中の女性、妊娠を希望している女性は、ぜひご覧になってください。

こちらは妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】のご紹介!
↓ ↓ ↓



妊活中に高温期を持続させるのに効果的な食べ物とは

妊娠を希望している妊活女性の知っておきたいことです。

高温期は、妊娠につながる大切な期間です。妊娠の基本となるこの時期に備えて体調を整えましょう。

きっと良い結果になります。

妊活女性が気にしたい高温期とは

高温期とは、排卵後の体温の高い時期のことです。

排卵期(低温期)が黄体期(高温期)に変わり、黄体ホルモンを分泌するようになります。

黄体ホルモンは妊娠の準備をするために、子宮内膜へ栄養素を十分に含んだ血液を送り、妊娠の準備を始めます。

低温期と高温期の体温の差は0.3〜0.5℃位しかありません。

高温期は、12日間続くのが理想的と言われていて、この高温期の時に、子宮内膜が暖かくふかふかの状態であれば妊娠しやすくなります。

受精卵まで至らなかったり、内幕に着床できなかったりした場合には、内膜がはかれて、出血を伴う月経となります。

妊活中におすすめの高温期を維持するための必要な栄養素

高温期が安定していない場合には、黄体機能不全のケースがあります。

妊娠する準備ができていない可能性があります。

妊娠力を高めるためには日頃の食生活を見なおして、体のバランスを整えるようにしましょう。

栄養素は多く取れば取るほど良いというものではありません。過剰摂取は注意が必要です。

こちらは妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】のご紹介!
↓ ↓ ↓



妊活中に必要な子宮内膜のための栄養素 〜イソフラボン〜

イソフラボンは、高温期に子宮内膜のために必要な栄養素です。

しかし、過剰に摂取してしまうと、女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因にもなりますので、注意しましょう。

妊活中におすすめのイソフラボンを多く含む食品


イソフラボンを多く含む食べ物

  • きな粉
  • 豆腐
  • おから
  • 厚揚げ
  • 煮豆
  • 豆乳
  • 納豆
  • 味噌
  • 味噌
  • 凍み豆腐
  • 油揚げ

妊活中に必要な細胞を作るために必要な栄養素 〜葉酸〜

葉酸は妊娠した女性にはとても重要な栄養素です。

葉酸は、胎児のために妊娠前からとっておくと良い栄養素の代表です。

妊娠初期に葉酸を摂取することで、「神経管閉鎖障害」の発生リスクを低減させることができると言われています。

妊活中におすすめの
葉酸を多く含む食品


葉酸を多く含む食べ物

  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • 春菊
  • 芽キャベツ
  • よもぎ
  • アスパラガス
  • 枝豆
  • そら豆
  • 焼き海苔
  • ライチ
  • いちご
  • ゆず
  • ひまわりの種
  • 酒粕

妊活中に欠かせない妊娠ビタミンともいわれている栄養素 〜ビタミンE〜

ビタミンEは黄体ホルモンの原料となり、妊娠中の女性に欠かす事ができないくらい重要な妊娠ビタミンともいわれています。

しかし、ビタミンEの過剰摂取は「骨粗しょう症」のリスクを高めますので摂り過ぎには注意して下さい。

妊活中におすすめの
ビタミンEを多く含む食品


ビタミンEを多く含む食べ物

  • ひまわり油
  • サフラワー油
  • なたね油
  • 煎茶
  • 抹茶
  • 玄米
  • すじこ
  • いくら
  • からすみ
  • アーモンド
  • ヘーゼルナッツ

妊活中に必要な「受精卵」や「細胞分裂」や「着床」のために摂取したい栄養素 〜亜鉛〜

亜鉛は受精卵の細胞分裂のために摂取したい栄養素と言われています。

しかし、継続的な過剰摂取は免疫力を低下させてしまう可能性があります。

妊活中におすすめの
亜鉛を多く含む食べ物


亜鉛を多く含む食べ物

  • ごま
  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • 小麦麦芽
  • うなぎ
  • 牛モモ肉
  • スルメ
  • 牡蠣
  • 干ししいたけ

妊活中に必要なそれぞれの栄養素の吸収を助ける栄養素 〜ビタミンC〜

せっかく食べたのにしっかりと吸収されなければ意味がありません。

ビタミンCは他の栄養素の吸収を助ける効果があります。

またビタミンCの不足は妊婦さんにとっては深刻なことになりかねません、ビタミンCが不足してしまうと、胎児の脳の発達に悪影響を与えると言った研究結果もあります。

ビタミンCは取り過ぎても、余分な文は体外に排出されてしまいますので、安心して摂取してください。

妊活中におすすめの
ビタミンCを多く含む食品


ビタミンCを多く含む食べ物

  • 赤黄ピーマン
  • パセリ
  • じゃがいも
  • にがうり
  • カブの葉
  • アセロラ
  • いちご
  • レモン
  • グァバ
  • 煎茶
  • 焼き海苔

妊活中の女性はぜひ、普段の食事で、バランスよく栄養素を摂取するようにしてください。

こちらは妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】のご紹介!
↓ ↓ ↓