【妊活サプリ】日本はサプリメント後進国!

日本のサプリメント事情
日本のサプリメント事情は先進国とくらべてどうなの?
日本はサプリメントでは実は先進国には追いついていません!
特にサプリメント先進国と言われるアメリカと比べると日本はサプリメント後進国と言わざるをえません。

サプリメント先進国アメリカと日本の違い

アメリカではサプリメントに関係している法律があります。
1994年に連邦政府によって可決された、「DSHEA」(栄誉補助食品健康教育法)という法律によって、サプリメントは食品と医薬品の中間に位置づけする物として法的に認められるようになり、ラベルの表示が義務付けられたのです。

その為、もともと健康意識の高かったアメリカの人が更に健康に気を使うようになったという事がありました。
特にそのラベルの表記には非常に厳格に審査されています。
日本よりもはるかに厳しい基準となっています。
日本の厚生労働省にあたる「FDA」という機関がその管理をしっかりと行っているのです。

サプリメント先進国アメリカのサプリメント市場

FDAの厳しい審査によって、「効果が曖昧」「不当に高価」と言ったような消費者の為にならない商品は市場からどんどんなくなり、更に実際に利用する人の口コミや購入者にも自己責任が厳しく問われるようになったので、品質の悪い商品は市場からどんどん排除されています。
このような背景もあり、アメリカはサプリメント先進国と言われているのです。
それに比べると日本は確かにサプリメント後進国と言えるでしょう。