【妊活】妊活中の不妊治療「排卵誘発剤療法」とは
【妊活】妊活中の不妊治療「排卵誘発剤療法」とは
【妊活】妊活中の不妊治療「排卵誘発剤療法」とは

排卵誘発剤についてご説明致します。排卵誘発剤は薬の効果で卵胞の刺激ホルモンの刺激で卵胞の成長を促す治療法です。不妊の治療では一般的に行う治療法になります。

複数の卵子を育てるので、妊娠の可能性が格段に上がります。

妊活中の不妊治療「排卵誘発剤」とは

排卵誘発剤は不妊治療にはよく使われる一般的な治療法です。

排卵誘発剤はこわくないですよ、安心して。

安心する事でストレスも無くなります。

排卵誘発剤ってどんなことをするの?

自然の状態で、1回の生理の周期で排卵する卵子の数は1個です。

しかし、不妊治療を行う場合には、妊娠の確率を上げる為に、複数の卵子を育てて排卵を行わせます。

その際に使用される薬剤が「排卵誘発剤」です。

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤には「飲み薬」と「注射薬」があります。

飲み薬と注射薬のどちらを使うかは、治療法やホルモンの値によって変わります。

一般的には飲み薬の方が効き目が緩やかなので、飲み薬から初めて、効果がない場合には注射薬にかえるケースが多いです。

  1. 飲み薬
    卵胞刺激ホルモンの刺激で卵胞の成長を促します。
    穏やかな効き目で、副作用が比較的少ない点が特徴になります。

    主な副作用は、頭痛、目のかすみなど、長期間使用すると、子宮頸管粘液の分泌量が少なくなったり、子宮内膜が薄くなったりする事があります。

    多胎率は4〜6%と低い

  2. 注射薬
    注射薬は卵巣を直接刺激して卵胞を育てます。

    飲み薬よりも排卵誘発効果が高い反面、副作用の発生リスクが高くなります。