妊活中のNG習慣?妊活中にお酒って飲んでも良いの?もしかしてお酒のせい?

【妊活】お酒が不妊の原因!?もしかしてお酒のせいで不妊? 不妊の原因
【妊活】お酒が不妊の原因!?もしかしてお酒のせいで不妊?

お酒好きな方ってたくさんいますよね?
「妊活中でもお酒を飲みたい!」
なんて思っている人はたくさんいます。

でも、妊活中にお酒って大丈夫なの?
お酒のせいで妊娠できないなんてことはない?
なんて不安になりますよね?

実は私も、お酒が好きで、妊活中でもお酒が飲みたい!なんて思っていたんです。
そこで、妊活中に「妊娠とお酒の関係」について産婦人科医に聞いてみました。

スポンサーリンク

妊活中のお酒のリスクとは?

妊活中にお酒を飲んだらダメ?
産婦人科医の先生から聞いた話では、「妊娠することにおいて一番の問題は”お酒”はではない」そうです。
自然妊娠する上で、体内にアルコールが蓄積された影響で妊娠できないというリスクは少ないのだそうです。

でも、一方で、「体外受精では、アルコールの摂取率が対外受精に影響を与える」という研究データもあるそうです。

先生がおっしゃるには、妊活中の一番の問題はストレスが関係しているので、ストレスを溜めないようにすることが重要なんです。

適度なお酒は大丈夫?

産婦人科の先生の説明では、お酒好きな女性の中には、お酒を飲むことでストレスを解消している人も少なくありませんので、適度に飲酒することは、問題ないとのことです。

でも、過度な飲酒は妊活中の女性の悪影響を与えます。
特に不妊治療中の女性は、飲み過ぎには注意してください。

お酒を飲み過ぎると、いろいろな不妊の原因になります。

お酒を飲み過ぎると
  • 生理不順(女性)
  • 排卵障害(女性)
  • 受精能力の低下(女性)
  • 勃起機能の低下(男性)
  • 奇形の生死の増加(男性)

などのような影響があります。
ですので、特に不妊治療をしているような女性や男性はお酒の飲み過ぎには注意をしてください。

過度な飲酒ってどのくらい?

でも、過度な飲酒ってどのくらいの量なんでしょう?
いつも飲んでいる量が適量なのかって分かりませんよね?

私も、自分が飲んでいる量が適量なのか分かりませんでした。
そこで、調べると…

430人の女性を対象にした調査で、1週間にワイン5杯(ビールでは中瓶4本、日本酒では4合)以上飲むと、受胎能力に影響があるという事が明らかになりました
また、半年以上の調査を通して、飲酒量が上記以上の女性はそれ以下の女性に比べ、妊娠率は50%にも低下しているという調査結果が出ました。
毎日飲酒する習慣のある女性は、飲酒しない女性に比べ流産の可能性が2、5倍になるという結果も出ています。

この、データを見ると、私がいつも飲んでいるくらいの量であれば全く問題ないみたいです♪

結局、妊活中にお酒は飲んでも良いの?

さて、結局「妊活中にお酒を飲んでも良いの?」ってことですが、結論をいうと、適量であれば問題ないけど、できれば控えましょう!
ってことです。

私は、妊活中には、万全を期してお酒は控えました。
ストレスが溜まるということもあったのですが、他のストレス解消方法を見つけました。
私のストレス解消方法とは、お洒落なカフェでのふカフェタイムです。
カフェインレスコーヒーの美味しいお店を見つけて、そのお店でカフェをしながらのんびりと時間を過ごすのがストレス解消になりました。

大好きなお酒を我慢するのは、確かに辛かったのですが、長い人生のほんの少しの時間の辛抱と割り切って我慢しました。
そのかいあって、妊活に成功することができています。

あなたの妊活もきっと成功します。
あなたの妊活ライフにこのサイトの情報が役立てば幸いです。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
不妊の原因
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました