【妊活】肥満があなたの不妊の原因になっているかも?
【妊活】肥満があなたの不妊の原因になっているかも?
【妊活】肥満があなたの不妊の原因になっているかも?

不妊と肥満の関係をご説明致します。

肥満は様々な症状を引き起こします。

妊娠にとっても肥満は非常に妨げになる事が多くありますので、妊活中の方は、無理のないようなダイエットを行って下さい。

不妊症と肥満の関係について

妊活中の方は、肥満はできるだけ避けたいものです。

肥満は妊活にとっては少し問題があります。

不妊症と肥満

肥満の方は妊娠しにくいと言われています。

メタボリックシンドロームという言葉を良く聞くと思いますが、「中年男性の話」と思っていませんか?しかし、若い女性の場合でも、メタボが生理不順の原因になる事があります。

肥満の場合の不妊の原因

太ると、卵胞尾ホルモンが脂肪の中に蓄積されてしまいます。

そのような状態では、排卵を起こしにくくなります。

特に下半身が太い方は注意が必要です。

下半身の血流が悪くなり、うっ血やむくみが起こってしまい、骨盤内の血流が悪化してしまい、子宮内の環境を悪化させてしまいます。

また、肥満の方は、「多嚢胞性卵巣症候群」になりやすいです。

肥満になると、ホルモンのバランスが崩れてしまうケースが多くあります。

排卵は脳の視床下部から下垂体にホルモンが分泌されています。

これが肥満になると、視床下部や下垂体からのホルモンの働きが異常となり、排卵障害が起こってしまうのです。

また、脂肪細胞はアディポネクチンというたんぱく質を作るのですが、このたんぱく質がインシュリンの作用を助けています。

しかし、一度太ってしまって大きくなった脂肪細胞からは、このアディポネクチンの分泌が減り、動脈硬化を起こすことがわかっています。

同様に最近の研究では、肥満でアディポネクチンが減ると、卵巣の皮が分厚くなって、 卵子がうまく育たなかったり、排卵しにくくなったりすることもわかってきました。

肥満は妊活の大敵

肥満は妊活女性に取って大敵です、妊娠もしにくい状態になりますし、何より健康に良くない。

例え、妊娠したとしても、「妊娠性糖尿病」等の出産のトラブルも多くなります。

できるだけ妊娠をする前から、体調を整え、普通の体型になるように心がけて下さい。