【妊活】花粉症の女性が妊活中に注意する事とは
【妊活】花粉症の女性が妊活中に注意する事とは
【妊活】花粉症の女性が妊活中に注意する事とは

妊活と花粉症の関係妊活中に花粉症になってしまったらどうすれば良いのという質問もよくあるようです。

妊活中の場合には妊娠中に比べそこまで神経質になる必要はありませんが、自分がどこまで安全性を考えるのかによって、花粉症の治療方法を決めれば良いと思います。

妊活中の花粉症の薬

妊活中や妊娠中に花粉症の薬を飲むと、赤ちゃんに影響があるケースもあります。

妊活中や妊娠中には基本的には薬を飲まない方がいいのですが、あまり我慢をしても、かえってストレスがたまってしまいますよね。

妊活中や妊娠中の薬のリスクは、母体の血中濃度が関係有るようです。

つまり、局所使用の点鼻薬や点眼薬が一番安全で、その次に内服薬、最もリスクが高いのが静脈内投与になるそうです。

花粉症の症状がどうしても辛い時には、点鼻薬や点眼薬を使用するという方法があります。

妊活中の花粉症の治療

妊娠中や妊活中の場合には、このような薬の影響も考えて治療方法を決めたいものです。

自分はどうしたいのかというのが一番重要で、「安全と言われている方法であれば、症状を改善させるために薬を飲む」という方法を選択するのか、「安全と言われていても、万全を期して薬を一切飲まずに我慢をする」という方法を選択するのか?または、医師と相談をして、妊活中ということを考慮してもらい、薬を処方してもらうのか?辛い時だけ頓服で薬を使用するという方法もあります。

自分が納得できる方法で、できるだけストレスにならないようにすることが、妊活中の花粉症の治療においては一番大切な頃になります。

薬を使わない花粉症対策

薬を使わない花粉症対策をご紹介

竹酢を使う

「竹酢」って知っていますか?竹を炭にするときに出る樹液?のようなものなんですが、これが花粉症に効果があります。

竹酢を薄めて、鼻の中に塗ると花粉症の症状が和らぎます。

しかし、この竹酢はとてもすごい匂いがしますので、この匂いの方が辛いという方も多くいます。

最近では竹酢はホームセンターなどでも売っているようです。

外出を控える

この方法が花粉症対策の一番の方法でないでしょうか?できるだ外出を控えるというのがやはり効果があります。

しかし、この方法ができる方は限られていますが・・・とにかく外出をする時間を少しでも少なくすることで、花粉に接する時間を少なくしましょう。

外出時には、マスク、メガネ

外出時には、マスクやメガネで完全防備をして下さい。

できれば帽子もかぶって、更には衣類はツルツルした素材を選んで下さい。

帰宅時には玄関で花粉を落とす

帰宅した時には、玄関に入る前にしっかりと衣服や髪の毛についた花粉を払いましょう。

花粉をなるべく室内に持ち込まないようにすることが重要です。

うがい、手洗い、洗顔をする

帰宅時にはうがい、手洗い、洗顔をしっかりしましょう。

体についた花粉も洗い流す方がよりベストです。