アシストハッチング(AHA)とは アシストハッチングとは、ET(胚移植)の時に透明帯の一部に開孔して着床率の向上を行うための方法になります。 ART(生殖補助技術)の一種類になります。 通常の場合には、受精した胚は細胞分裂が進んで、透明帯からハッチング(脱出)して子宮内膜に着床を行います。 しかし、透明帯は胚の体外培養や凍結融解、または加齢によっても硬化してしまいます。 そこで、卵の殻を薄くしたりして着床率の向上を図るのです。 このような一連の治療を「アシストステッドハッチング」と言います。 体外受精で、グレードの高い胚を移植してもなかなか着床することがないような場合にも行われます。