インスリン抵抗性とは インスリン抵抗性とは、通常の人と比べてインスリンの作用が悪い事を言います。 インスリンの抵抗性が高いとも言われます。 人間はカロリーのあるものを食べて、カロリーのあるものを飲んで、摂取する事で、一時的に血糖値が上昇します。インスリンは血糖値が上がった際に、血液中の等を分解して、体内のエネルギーに変換する役割があります。 インスリンが等を分解しないと、血液中に撮ろうが多くなります。血糖値が慢性的に高い場合には、糖尿病になりやすいと言われています。 通常と同じくらいのインスリンが分泌されているのに、血液中の等が分解されない、分解されにくいという症状の方がいます。このような場合に「インスリン抵抗性」と呼んでいます。 このような症状の場合には、等を分解するために更に脾臓からインスリンが分泌されるようになります。脾臓からもインスリンが分泌されるような状態を「高インスリン血症」といい、男性ホルモンの過剰蓄積につながったり、糖尿病の原因になるとも言われています。]]>