エストロゲン(卵胞ホルモン)とは エストロゲン(卵胞ホルモン)とは、女性を形成するための代表的なホルモンです。 エストロゲンには「卵胞の成熟」「子宮頸管粘膜の分泌」「子宮内膜の増殖」など様々な効果があります。 エストロゲンは卵巣から分泌されているホルモンですが、卵巣から分泌されているホルモンはエストロゲンの他に、プロテスゲロン(黄体ホルモン)があります。これらを「卵巣女性ホルモン」と言います。 エストロゲンは大きく分けると3つに分類されます。

  • エストロン(E1)
  • エストラジオール(E2)
  • エストリオール(E3)
この3種類が3大エストロゲンと呼ばれています。 特に、エストラジオール(E2)がもっとも活性が高く、エストロゲン=エストラジオールと表記されることが多いようです。 女性が女性らしくなるためのホルモンがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。女性の肌を綺麗にしたり、新陳代謝を活性する作用もあります。 不妊症で悩んでいる方たちにオススメの食べ物の中には、エストロゲンを増やすと言われている食べ物も多くあります。「フレープフルーツ」や「ざくろ」がその代表格です。 サプリメントでは、マカや葉酸が女性ホルモンの効果的に作用するサプリメントになります。]]>