採卵とは 採卵とは、体外受精(IVF)を行う時に、卵巣内から卵子を取り出す不妊治療の療法の一種です。 採卵の方法は、超音波で過程をモニターしながら膣壁から卵巣に針を刺し、卵胞液どと卵を吸収します。 採卵の際には、前日に採血をするケースもあります。 採血の目的は培養液に血液中のアルプミンを加える事で、受精や胚の初息が活発になると効果を期待してのものです。 通常は採卵の場合には、麻酔が使用されます。 採卵自体は10分程度で終了します。 1度に採卵できる卵子の数は、卵巣刺激の方法によっても変わりますが、数個〜10個程度採卵する事が多いです。 通常は採取した卵子の全てに受精を試みます。