【妊活専門用語】ART(生殖補助医療技術)とは

ART(生殖補助医療技術)とは ART(生殖補助医療技術)とは、 assisted reproductive technologyの略で「体外受精(IVF)」や「顕微鏡受精(ISCI)」等の体外で生殖医療をする技術の事を言います。 生殖医療技術、高度生殖医療、生殖補助医療等と呼ばれています。 ART(生殖補助医療技術)は大きく分けると下記の4つがあります。

  • 体外受精-胚移植(IVF-ET)
  • 顕微授精(ICSI)
  • 接合子卵管内移植(ZIFT)
  • 接合子卵管内移植(ZIFT)
他にも、医療技術として「胚の凍結」「アシステッドハッチング」「着床前診断」なども含まれます。

この記事を書いた人
妊活ライター
mayukomorri

自身も5年間妊活を経験し、妊活のことを調べ尽くしたアラサー女子。
妊活中に医師やカウンセラー、管理栄養士などの専門家と連携をして情報を収集。
自分の経験をもとに、妊活中の女性の悩み、困りごとを解消できるように「妊活専門サイト」を作成。
妊活のこと、妊娠中のことなど、女性の悩み事を解消したいと思っています。
⇒詳しいプロフィールはコチラ

mayukomorriをフォローする
妊活専門用語
スポンサーリンク
mayukomorriをフォローする
妊活Its!
タイトルとURLをコピーしました