HLA(ヒト組織適合抗原)とは HLA(ヒト組織適合抗原)とは、遺伝子レベルでの自己白血球の抗原のことを言います。 もし、夫婦関係にある男女が似たタイプの「ヒト組織適合抗原」を持っている場合には、その夫婦間の子供は流産をしやすいと考えられています。 このような夫婦間で似たヒト組織適合抗原を持っていて流産になってしまうケースを「夫婦同種免疫を伴う流産」と言い、その後も流産を繰り返すという可能性を持っています。 このように流産を繰り返してしまう事を「習慣流産」と言います。 この場合には、母体と胎児の間にもヒト組織適合抗原の類似性が高く、母体が胎児がいるということを認識できない為に問題が生じてしまうとも考えられています。 治療方法としては「リンパ球療法」が行われます。 「リンパ球療法」とは、X線や抗がん剤で不活性化した夫のリンパ球を数回に分けて女性に投与するという療法になります。 しかし、この療法は、著しい効果は期待できないケースも多くあります。 また母体と胎児間にもHLAの類似性が高く、母体が胎児を認識できないことが1つの問題だと考えられています。 治療には「リンパ球療法」といい、X線や抗がん剤で不活化した夫リンパ球を数回に分けて投与するものですが、いちじるしい効果を期待できないとの声もあります。