LHサージとは LHサージとは、排卵の直前に応対形成ホルモンが大量に分泌される現象の事です。 この応対形成ホルモンがLHと呼ばれています。 通常は多少の個人差はありますが、LHサージから24時間から36時間前後に排卵が起こります。 卵巣内の卵胞は通常は成熟してくると、エストロゲンを分泌します。 このエストロゲンが分泌されることによって、脳下垂体が刺激をされてLHの放出がされるようになるのです。 LHサージとは「LHホルモンの大きな波」という意味になります。 この波によって、排卵が引き起こされるようになります。 LHサージが起こるのは、卵胞の大きさが約20ミリ前後となった時に起こります。 LHサージを判断する方法としては、排卵検査薬があります。